日本人にひとえまぶたが多い理由

 

どうして日本人は一重まぶたの人が多いのか?アジア人に一重まぶたが多いワケとは?

日本人の一重と二重の割合はだいたい7:3といわれています。

一重の人が約70%もいるんですね。驚きです。

ヨーロッパ系の人やアメリカ系の人やアフリカ系の人はほとんどの人が二重だと言われています。これもビックリですね。

アジアでも東南アジアや中東のアラブ人やインドやイラン人などもほとんどの人が二重まぶたなんです。

では一重が多い国はというと日本、中国、韓国、モンゴル、北朝鮮、といった北東アジアの地域に多くの一重まぶたの人が居るんです。

そしてこの地域だけ一重まぶたの人と二重まぶたの人両方が混在しています。

 

では何で北東アジアのみに一重まぶたと二重まぶたの人達が混在しているのでしょうか?人類の誕生は約450万年前で、最初の人類はアフリカにいたという説があります。

アフリカにいた人たちが食べ物をを追い求めて大陸を離れて、アジア大陸や遠い遠いシベリアにまでたどり着きました。

当然日本にも渡り住んできた人たちがいました。そのご先祖様たちが縄文人だと言われています。

縄文人はほりが深くてまぶたも薄くてほとんどが二重だったと言われています。

その後今から約2万年前に氷河期を向かえてしまいます。シベリアに住んでいた人たちはその極限の寒さに応する為に、一重まぶたに進化したようです。

マイナスの温度から眼球を守る為、まぶたの脂肪を厚くして、二重まぶたから一重まぶたに進化したといわれています。

この人たちも最初は二重まぶたでしたが、環境に順応できる様に一重まぶたに進化という説が有力なんです。

シベリアいた一重まぶたになった人達は、食料が豊富で暮らしやすい土地を求めて、北東アジアへ移住したとされています。そのとき移り住んできた一重まぶたの人たちが弥生人だと言われています。

このような理由で北東アジアにだけ一重と二重が混在することになりました。日本人に一重が多いのは、私たちのご先祖様がアフリカから直接渡ってきた二重が多い縄文人と、シベリアを経由して一重に進化した弥生人の混血だからなんです。
 

一重って環境に適応するために進化した形なんですね。人間ってホントに凄い。

 

 

コメントを残す