一重まぶたの人のアイラインの使い方

 

人のまぶたには3つの種類がある

まぶたには「ふたえ」「奥ぶたえ」「一重」の3の種類があるのです。
 
それぞれの特徴として「ふたえ」はアジア以外の地域に住む方に多く、目頭とふたえ線がくっついた「末広型」と目頭とふたえの線が距離のある「平行型」があります。化粧映えしやすいのはこの二重の人です。

同様のふたえでも「奥ぶたえ」はふたえの幅がせまくて、よく一重に勘違いされることが起こります。

 

正真正銘のふたえなんですけれども、瞼の厚みが付いている為に印象がきつく見られがちです。一重の人はまぶたが厚い傾向にあります。

脂肪が厚くてふたえのラインがないので目が細く見えて、まぶたが重たい感じに見えてしまい、暗い印象に見えてしまいがちとかのデメリットがあります。

外国人から見ると一重まぶたは「アーモンドアイ」といわれ、ミステリアスな魅力に見えるようです。

アイラインを使って一重まぶたでも目を大きく見せる。

一重瞼の人は目がすわって見られがちなので、くっきり二重のクリクリした目に憧れている人が大勢います。
 
平坦な瞼にアイラインを引くのにはバリエーションが少なく、アイラインをひくのが億劫になってしまい、敬遠しがちな人も多いようです。
 
一重瞼の人にとってアイラインを引くバリエーションが少なく思えて、アイラインを引いても隠れてしまうと悩んでいる方も多いようです。
 
しかしアイラインは二重の方のためだけにあるものではありません。ちゃんとした使い方がわかれば目を大きく見せることだって出来ちゃいます。
 

一重まぶたの方がアイラインを太く描きすぎてしまう場合

  • 上まぶただけではなく下まぶたを強調してみてください。
  • 目じりは角度を付け過ぎないように描くようにします。
  • 目頭側の数ミリは線で描かずに、点で描く ようにします。

    一重まぶたの方はラインが隠れてしまいがちです。

    目を大きく見せる効果を得ようとして、ラインが出過ぎてしっまたり、逆に目が小さく見てしまうことも。

    上下まぶたとも、目頭側の数ミリは線を描かないようにしましょう。

    まつ毛の隙間を埋めながら目じりの方に描いていきます。

    目じりは角度を付け過ぎないように気を付けます。

    カーブに沿うように描いていきます。

    下まぶたはライナーでまつ毛の隙間を点で埋めていきます。

    これで下まぶたを強調させて目の縦幅を大きく見せます。

    一重まぶたの方は下まぶたを上手に生かすと、立体感が出て、目大きく見せることが出来るんです。

    おすすめはペンシル・ブラウンです。ぜひ試しててみてください。

コメントを残す